-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-24 22:46 | カテゴリ:ちびちびサンディー
サンディーを我が家に迎えて半月ほど過ぎました。
今までなかなかゆっくり書けなかったので、ここで
サンディーの思い出を振り返りたいと思います。
その前に、ビーグルを飼ういきさつをお話しします。

      

私は実家でもビーグルを飼っていました。
今年8才になる男の子で、今も元気で、両親と暮らしています。
やはりトライカラー(白・黒・茶のぶちいぬ)ですが、だいぶ白髪?が混じってきました。
ちょっとオヤジ顔ですが、私にとってはいつまでも“子犬ちゃん”なラブリーな愛犬です。

私にとっては“世界でたった一匹の愛犬”なので、本当は“彼”と一緒にお嫁入りしたかったのですが
結婚当初の住宅事情もあったし、私自身仕事が忙しく、「一人での留守番」に慣れていない“彼”を
我が家へ迎えるのは、現実的に無理でした・・・。



ようやくペットが飼える住環境にはなり、“彼”を引き取る事も本気で考えました。
でも、可愛がっている老夫婦(私の両親です)から今さら奪う事が出来なかったのと
何より“彼”の幸せを考えると、住み慣れた家にいた方がいいと思えました。



ビーグルって、本当にいろんな子がいますよね。顔立ちもだいぶ、幅があるように思います。
私は“彼”のような、優しいお顔のビーグルを望んでいました。
探したところ、スネークウッドさんと出会いました・・・!




まずは見学させてください、と伺ったのは、6/10の日曜日のこと。
そこには、わらわらと、かわゆい子犬達がいました・・・!

きょうだいたちと、わらわらわら・・・

さて、どの子がサンディーか、わかりますか?
柄でわかるかな?ちょっと怖い目つき・・・



つづく。。。





よろしければ、クリック!お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sandysunday.blog112.fc2.com/tb.php/19-e774b852
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。