-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-21 16:10 | カテゴリ:しつけ・トレーニング
今日は8/21(火)。4/20生まれのサンディーも、お蔭様で生後4か月になりました。
生後124日目になります。


体の方は、すくすくと元気に育ってくれています。
最初のころ、びっくりするくらい、食事に興味が薄かったけれど、
今はそれなりに食べるし、ちょうどいいくらいに太ってるかな?と思ってます。


こころの方は、最近、ちょっと反抗期かな?と思うところはありますが、
素直にすくすくと育ってくれていると思います。


しつけの方ですが、一番気になるトイレのしつけ
これについては、生後4か月の今も、実は、苦戦中なんです・・・。


初期のハウス


ブリーダーさんから到着したばかりの7/7。(生後79日目) ・・・やっぱ、ちっちゃ~い
ハウス内、全面、トイレシート敷き詰め。下敷きに新聞紙も敷いてます。
こんなふうに、しばらくは、ハウス内どこでも排泄&どこでも寝室、でした。


これを、7/23(生後95日目)頃まで、続けていました。 ・・・ちょっと大きくなってる


生後95日目ころ


この頃、失敗もあるものの、トイレの場所がだいぶわかったので、
今度はトイレと寝室をじょじょに分けたいと思い、ハウス内で
「半分は寝室(クッション)、半分はトイレトレー」という、セパレート作戦してみました。


ハウス内セパレート作戦


しかし、ちょうどこのころ、ドッグトレーナーの先生に来て頂いていました。
先生はハウスを見て、隣ではなくできればトイレは別室がいいですね、とおっしゃいました。


びりびり~、で、ストレス解消!


こんなふうに、ハウス内にトイレシート(いたずらする対象)がある状況も、よくないと。


そして、我が家の状況もふまえ、今後どうしていきたいか話し合い、
「思い切ってハウスを狭くして、ハウスでの排泄をやめさせましょう!」と決めました。


現在のハウス


それで生後100日目くらいから現在(生後124日目)も使っているのが、この状態です。


狭くすることで、もしそそうすると、逃げ場がなく、自分が気持ち悪くなる。
だからハウスでのトイレをやめるようになってほしい、という意図です。
おむつを卒業させる時と、ちょっと似てるのかな??


狭くしても・・・結論から言うと、現時点で、
ハウス内での排泄(おちっこ)はまだ(少なくはなりましたが)続いています
それが現在も続く、悩みです・・・。


むん!


最初はクッションなど敷いてあげていたんですが、一日に何度も何度も、洗濯しても
すぐそそうしてしまって、きりがないので、取りました。
クッションなどあると、そそうしてもいくらか吸収されて、気にならないようなので
その状況もよくないので、いっそのこと、と、今は何も敷いてません。


幸い夏場なので・・・。
冬場だと、クッション無いと冷え冷えして、かわいそうですよね。


トイレ、ここでするの~。


トイレトレーは、常に洗面所に置いています。
ハウスから出して、遊んでいる時は、もよおすと、自分で洗面所に行き、トイレします。
フリータイムのおちっこで、そそうすることはまず、ないです。
ちゃんと自分で、洗面所に行けます


おさんぽ、だいすき。


8/5(生後108日目)散歩が始まって、外でも排泄するようになり、
特にうんPは外でするので、だいぶ楽になりました。


しかし、逆も言えるんです・・・。
実は散歩が始まる前から、サンディーは「室内うんP」が苦手でした。


たぶん、人が見てるのがイヤなんじゃないかな?
散歩中も、誰か通りかかったり、物音がすると、途中で気持ちがしぼんじゃいます。
サンディーって、変なところ、芸術家肌なんだからぁ。。。


今は毎日、天気もいいけれど、どうしても散歩できない日のために
室内でもうんPが出来るようにもなってほしいです。


コングで、気を紛らわす。。。



ハウスを狭くする作戦は、定期的にトイレに連れ出してあげることがポイントです。


サンディーが起きようと寝てようと、こちらのリーダーシップで
「そろそろ出そう」とハウスから出して、遊ぶ時間を決めたり、ハウスさせたりする。
そうやってトイレ時間も管理することで、ハウス内でのそそうは、
基本的には少なくなりました。


しかし、寝ている夜の時間帯と、外出の時間帯は、ドキドキです。
私も、ずっと見ていられるわけではありません・・・。


朝の散歩は、今は真夏で暑いので、早朝散歩しています。
私達は2階の寝室で寝ていて、サンディーは1階のリビングのハウスで寝ています。
私は毎朝5:30アラームで起きています。


でも、アラームより前に、サンディーのキュインキュイン声が聞こえてきたりします。
鳴かれると(ハウスを狭くしたので)「おちっこ我慢してるんだろうか?」と思い、
ドキドキして(お座りはさせますが)急いでハウスから出してあげます。
(急いで起きても、そそうしてしまった後だったことも、何度もあります)
なるべく失敗させない方が楽に覚えられますし、もちろん、
失敗しないでくれた方が、私も掃除がなくて、楽になります。





しかし・・・そうすることで、「鳴く→鳴けば出してくれる」という、
要求鳴きの悪い方程式が出来てしまったようです。






要求鳴きを止めること。
ハウスにいる時のそそうを止めること。
室内うんPが出来るようになること。



これが今後のサンディー家の課題です








よろしければ、クリック!お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
スポンサーサイト
【ジャンル】:ペット 【テーマ】:ビーグル
コメント(24) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sandysunday.blog112.fc2.com/tb.php/48-775388ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。